カテゴリ:愛用ミシン( 4 )

JUKI職業用 ボタン穴かがり


七五三計画、次は息子のシャツを作る予定です。

そこで気付いた!
シャツと言えば、ボタンホールを作らねば!

ボタンホール用に取っておいた家庭用ミシン、
姉にゆずってしまったのを忘れていました…。

そこで、とうとう職業用の 「ボタン穴かがり」 セットを買ってしまいました。
「まちのミシンやさん」 調べた限りでは、送料込で最安値でした。)

b0243203_14133033.jpg


ミシンの布押さえ棒に、穴かがり本体を取りつけて使います。

b0243203_14171746.jpg


JUKI SL-300EX の場合は、
「ドロップフィードつまみ」で 送り歯を下げることができるので、
付属の 「針板カバー」は付けなくて済みます。

b0243203_14312691.jpg


一般的な 11.5mmのシャツボタンなら、この1.3cmの「ネムリ穴」の駒を
穴かがり本体に取り付けます。

b0243203_14175592.jpg


今回、「ネムリ穴用」が5種類、「ハトメ穴(スーツ・コートなどのボタン穴)用」が4種類、
合計9種類の駒がついているフルセットにしましたが、

考えてみれば、9種類ものボタン穴を使い分けるほどの洋服を
今後作るのだろうか…?

必要に応じて、駒だけ買い足しても良かったかな?と、
ちょっと後悔しながらも…
早速、試し縫いしてみました。

そしたら…、ガガッ、ガガッ、と鈍い音がして、下糸がぐちゃぐちゃに絡まる!
ガーン…。
何度やっても、何度やっても。 どうしたらいいの~!!

そこで、ネットでミシンの不具合についていろいろ調べ、
とりあえず針板をはずし、送り歯や周辺のほこりと糸くずを掃除してみました。

b0243203_14421452.jpg


そしたら、前回縫ったズボンのステッチに使った、30番の紺色の太い糸が
ちょっと絡まっていた。これはあやしい!!

針板を戻し、縫ってみると、スイスイ進みました~!
あ~、よかった。

たまにはミシンのお手入れも必要ですね!


縫い目は、こんな感じです。
左側が平縫い(一重)、右側が二重縫いです。

b0243203_159359.jpg


前の家庭用ミシンよりは、格段にきれいに縫えますわ~!!

どんなボタンもどんと来い!
という気持ちになりました(*^_^*)


………

突然ですが、ブログ村ランキングに参加してみることにしました。
少しでもお役に立てば、ポチッと押してみてください(*^_^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
[PR]

by o2yumiko | 2012-10-06 15:12 | 愛用ミシン | Comments(3)

ステッチ定規


同じ幅でステッチをかけるのがどうも苦手なので、
ステッチ定規を買いました。
b0243203_21263571.jpg


マグネット定規は布端からしかガイドできませんが、
ステッチ定規は布の上からでもガイドできます。

ちなみに、マグネット定規はこれ。 ↓
b0243203_2142521.jpg


押え金に対して右側ガイドにしました。

安心してステッチをかけられるようになりましたが、
左側をガイドしてほしいときもあり…。

両側のものもありますが、押え金まわりが大げさになるので
とりあえず、右側だけでがんばります!

[PR]

by o2yumiko | 2012-04-21 22:37 | 愛用ミシン | Comments(0)

職業用ミシン JUKI SL-300EX


とうとう買ってしまいました。職業用ミシン!
やればやるほどに、もっときれいに縫いたいという欲望は高まって…。

JUKI SL-300EX です。
b0243203_195336.jpg


なぜこの機種にしたかという話は後にして、使ってみた実感として、

まず、音が静か!!

ロックミシンは結構大きな音がします。
「職業用」という名前からして、相当大きな音がするのかと思っていましたが、
普通の音量で見ているテレビの横で縫っても、テレビの音が聞こえます。

そして、ものすごい安定感!!

重さは 本体11.3kgとのことで、2歳の娘よりちょっと軽いくらい?
今のところ、リビングのテーブルに持ち運んで使っています。
(ミシンの定位置、作りたい~!)

ストレートパンツシャツワンピ(再び)メルちゃんの服ラグランプルオーバー
実はこのミシンで縫いました。

デニムもスイスイ縫える!

前のミシンは、デニムを縫おうものなら、生地を押したり引っ張ったり
ミシン自体がズズズッ!と動いてしまっていました。

薄地も、細かい部分も、返し縫いのときに布が巻きこまれない!

縫い目もきれい!

ニットも伸びないで縫える!

とにかく何を縫っても、きれいな縫い目で安定しているのです。
もう、大満足です!!


…………

それでは、ここからは、なぜ JUKI SL-300EX にしたかというお話です。
これから職業用ミシンを買おうかなと思っている方には
参考になる部分もあるかと思いますので、興味のある方は読んでください。

職業用ミシンにもいろいろなメーカーがあると思いますが、
ネットなどでリサーチした結果、私はJUKIしか念頭にありませんでした。

JUKIと決めたところで次に迷うのは

家庭用針か、工業用針か?ということだと思います。

家庭用針を採用している最新機種は シュプールTL-30DX です。

家庭用針のメリットは、
①自宅にあるミシン針がそのまま使える
②向きを間違えずにつけられる
③自動糸通しがある(TL-30DX

ネット販売での売れ筋はこの機種のようで、すぐに手に入るし
もうこれに決めちゃおうかな~と、思ってしまいました。

が、私は工業用針の何たるかはわかりませんが、せっかく職業用ミシンを買うなら
本格的な工業用針のほうがいいような気もしていました。

ロックミシンに自動糸通しがついていますが、結局自分の指で糸を通しているし、
自動糸通しのメリットは感じませんでした。

厚地や皮革なら工業用針のほうがいい、という情報をネットで見て、
デニムもよく縫うし、将来的に皮小物を作ってみたくなる可能性も
大いにあると思ったので、工業用針にすることにしました。

ちなみに見た目の違いは…
b0243203_1921344.jpg

左が家庭用針、右が工業用針です。

家庭用針は取りつけ軸の片面が平らになっているので、つける方向を間違えません。
工業用針は、針穴の部分のえぐれが右側にくるように 取りつけます。

縫い目が斜めになっているように感じたら、微妙に針の向きを変えて
縫い目が真っすぐになるように調整する必要も出てきます。

何となく質感が、工業用針のほうが丈夫な感じがします。

買った時点で、DB×1(工業用)の11番が2本、14番が3本ついていました。
b0243203_20371675.jpg

普通地の洋服を縫うだけなら、これだけで当分買い足す必要はなさそうです。

私は、デニム用にDB×1の16番と、ニット用にDB×1KN(工業用ニット針)の11番、14番
買い足しました。
b0243203_20401868.jpg

工業用針は丈夫で折れないと聞きますが、それぞれ10本ずつ入っています。
送料も合わせて1000円ほどの出費でした。

工業用針と決まったところで、次の候補は
シュプールTL-30SP と SL-300EX でした。

両方とも、自動糸切り機能付きコントローラーがついた機種です。
b0243203_2048627.jpg

縫い終わりにフットコントローラーのかかとを踏むと、自動的に糸を切ってくれます。
これがすごく便利!
いちいち、糸きりばさみを探す必要がなくなります。
仕上げに、短く残った糸を切る必要はありますが…。

そしてこの2機種の違いは、
サブテンションと、スピードコントロールつまみの有無です。
TL-30SP には両方ついておらず、SL-300EX には両方ついています。

サブテンション とは
b0243203_205101.jpg

上糸の「より」を取り除いて、糸切れなどを防ぎ、安定させるものです。


スピードコントロールつまみ とは
b0243203_2052631.jpg

コントローラー踏込み時の最大速度を調節できるというもの。
「ゆっくり」に設定しておけば、フットコントローラーを最大に踏み込んでも
そんなに速く進まない、ということです。

この2つの機能がいるのかどうか 判断がつかず、ここでようやく
ミシンショップに問い合わせをしました。

「ミシンショップ つるや」 さんです。

サブテンションとスピードコントロールつまみがあることで
こわれやすい などの問題があるなら、これらの機能のないTL-30SP にするつもりでした。

つるやさんいわく、SL-300EX 
サブテンション機能は、家庭用の糸を使う分には問題ないが、
工業用の糸には「より」の強いものがあり、サブテンション機能がついているほうが
上糸が安定する とのことでした。

スピードコントロールつまみがついていることで、職業用ミシンの初心者や
これから専門学校に通う学生さんがよく買われる、とのことでした。

両機種の値段の違いが2000円だったので、つるやさんは
将来的なことも考えれば SL-300EX をおすすめる、
とのことでした。

サブテンションとスピードコントロールつまみがついていることで
こわれやすいということはないし、万一サブテンションが壊れても
サブテンションを通さずに普通に使えるとのことでした。

ということで、職業用ミシン初心者でもあるし…
SL-300EX に決定しました!

実際に使ってみて、スピードコントロールつまみは 必要ありません!
素人の私でも、フットコントローラーで速さを思い通りに調節できます。
サブテンション機能の効果も、今のところわかりません。



…………


さてさて次は、関連商品について。

まずボビン。
今まで100円ショップで買っていたボビンは使えなくなりました。
最初に、鉄製のボビンがいくつかついてきます。(直径21ミリ×幅9ミリ)
b0243203_2165772.jpg

それでは足りないので、買い足しました。
アルミ製です。鉄製よりは少し高いですが、錆びないし軽いです。
下糸調子を弱くできるので、薄物を縫うときにいいそうです。

三和縫製さんのアルミボビン(職業用ミシン仕様)を20個、ネットオークションで買いました。

b0243203_21434716.jpg



続いて、最初からついていた押さえです。
b0243203_21132091.jpg









ファスナー押え

b0243203_21162380.jpg









三つ巻き押え



次は、ミシンショップつるやさんで「ミニプロキット」として
つけてくださったものです。(現金払いの場合)
b0243203_2118015.jpg







マグネット定規

布端から一定の距離を保つガイドとして。
とても便利です!

b0243203_21182548.jpg







コンシールファスナー押え

コンシールファスナーをつけるときに。

b0243203_21185384.jpg








テフロン押え

皮革やビニールなど、すべりの悪い生地を縫うときに。




最後に、大きな作業台。
b0243203_21212426.jpg

手前に定規がついているので、便利です。
たとえば、子どものズボンのウエストに入れるゴムは50cm弱なのですが、
作業台の定規に合わせて すぐに計れます。

待ち針を打ったり、縫い代を割ったりの作業がしやすいです。



…………


というわけで長々と説明してきましたが、
少しでも参考になるところがあれば嬉しいです(*^_^*)

ロックミシンと職業用ミシンをそろえてしまい、私は何を目指しているのでしょうか?

自分の服を、家族の服を、買ったものと同じくらいオシャレにきれいに
たくさん作りたいです!

あ、ちなみに、今まで愛用していたミシンは、ボタンホール用として
しばらく活躍してもらう予定です。
(JUKIの専用ボタンホール器は、別に買わないといけないため。)


~追記~
2012年10月、職業用ボタンホール器 買いました。


………

最後までお読みくださってありがとうございます。
少しでもお役に立てば、ポチッと押してくださると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
[PR]

by o2yumiko | 2012-03-29 21:49 | 愛用ミシン | Comments(18)

愛用ミシン


愛用しているミシンです。

右側* 山崎範夫のミシン

カタログハウスでお馴染みですね。
結婚したとき(13年前!)に母が買ってくれたものです。
一度も壊れずに動いてくれています。
が、フットコントローラーがないのがつらい!!
職業用ミシンに憧れる今日この頃です。


左側* ベビーロック BL57EXS 衣縫人

今春、都立大学駅前のミシン屋さんで買いました。
ネット販売もしているようです。
お値段をメールで問い合わせたら、とてもお安くしてくださいました。
私は子ども3人を連れて、「試し縫いさせてくださ~い。」と
ショップまで足を運び、糸のかけ方から基本的な機能まで
ひととおり教えてもらってから買いました。
糸のかけ方も、糸調子の取り方も、一度覚えてしまえば簡単で
とても扱いやすいです。
このミシンのおかげで、私の裁縫人生が花開きました~!


b0243203_23225457.jpg
[PR]

by o2yumiko | 2011-11-25 14:28 | 愛用ミシン | Comments(0)